女性が全く好みじゃない男性を好きになる心理

女性から「最初は全く好みのタイプじゃなかったの」なんて言われたことありませんか?

嬉しそうな女性

例えば、芸能人でもまったく好みではないのにその芸能人の考え方や意外な一面で好きになってしまうということがあります。

最初はテレビに出ていたらチャンネルを変えていたくらいなのに、積極的に応援するようになってしまったという方もいるかもしれません。

これと同じように、まったく好みではない男性を好きなってしまうことがあります。

ここでは、女性がまったく好みではない男性を好きになる心理についてお話ししていきたいと思います。

女性が全く好みじゃない男性を好きになる心理

内面に惹かれるものがあった

まったく好みではないといった場合、その好みというのは外見を指していることが多いでしょう。

実際に、見た目が好みかどうかというのは相手を好きになるかどうかに大きく関係してくるものです。

しかしながら、見た目が好みではないというだけの場合、内面に惹かれるものがあるとコロッと好きになってしまうものです。

そもそも外見の好みというのは、その時々で変化していくものです。

もちろん、好みが一貫しているという方もいるでしょうが、年齢を重ねていくと好みが変化することもあります。

人生経験の中で見た目というのがそこまで重要なものではないということを痛感している方も多いでしょう。

見た目がまったく好みではなかったとしても、その人の考え方や意外な一面を知ることによって無関心から一転して好きになってしまうということも十分にあり得るのです。

内面に惹かれるものがあると、まったく好みではなかったはずの見た目もよく見えてくるというケースもあります。

全く好みではないからこそ些細なことが大きなプラスに感じられる

まったく好みではないというのは、確実にその時点ではプラスにはなりません。

見た目にしても内面にしても、まったく好みではないのであればどちらかというとマイナスよりになるでしょう。

相手の評価がマイナスの状態からスタートするわけですから、その中で「いいとこあるじゃん!」と思えるようなところがあると、それが些細なことであっても大きなプラスになるのです。

例えば、日頃からやんちゃばかりして周りに迷惑をかけている子がいたとして、その子がちょっとでもいいことをするとそれまでマイナスが大きかった分、大きくプラスに評価されるようになります。

それと同じようなものです。

大変なときに手伝ってくれたり、気遣ってくれたりと当たり前のことであっても、それが大きなプラスに感じられて、評価が上がっていくのです。

女性の中でまったく好みではないということでイメージを作り上げている部分もあるでしょうから、そのイメージとのギャップも出てきます。

それによって、いわゆるギャップルールが発動してしまう部分もあるのでしょう。

相手からの熱烈なアプローチがあるとほだされてしまう

まったく好みではない相手から強烈なアプローチを受けるということもあります。

最初はまったく好みではないからこそスルーしていたものの、あまりにも熱心に口説かれると女性もほだされてしまうものです。

もともと人間というのは、相手から好意を寄せられると好意を返してしまうという心理的な傾向があります。

まったく好みではなく興味もなかった相手でも強烈なアプローチを受けると、気になってしまいますし、そこから気づいたら好きになっていたということもあり得るのです。

もちろん、「ここまでアプローチしてくれるなら大事にしてくれるかも……」という打算的な部分が出てくることもあるかもしれません。

ただ、「女性は愛されたほうが幸せになるという話もよく見聞きしますし、男性からの熱心なアプローチで流されるのは自然な形なのかもしれません。

全く好みではないからこそ興味を持つ

まったく好みではないからこそ興味を持つというケースもあります。

というのも、これまで好みの男性にアプローチしてきたもののことごとく振られてきた、好みの男性と付き合ったもののうまくいかなかったといった女性もいるわけです。

そういう女性にとって、まったく好みではない男性というのは逆に興味を持ってしまうものです。

これまで好みの男性とうまくいかなかったからこそ、まったく好みではない相手にチャレンジしてみようかなという気持ちになることもあるのです。

恋愛において柔軟性を持っている女性であれば、まったく好みではない相手に興味を持ち、そこから好きになるというのは珍しいことではないかと思います。

>>恋愛メール大百科 ~彼女のココロを遠隔操作する技術<<

女性目線での見解

トキメク女性

まったく好みではない男性を好きになるというのは、本当によくあることですし、珍しいことではありません

最初は好みのタイプじゃなくても、会話を重ねることでその人の内面を知り、魅力を感じるようになることもあります。

全員が全員というわけではありませんが、どちらかというとまったく好みではない男性と付き合っている女性のほうが後々幸せになっているような気がします。

逆に見た目はタイプでも「頼りなかったり、自信がなさそうだったり、無責任だったり…」その男性のマイナス面を知ることで魅力を感じなくなってしまうこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です