SNSに依存する女性心理

常にスマホでSNSをチェックしている女性っていますよね。いったい彼女たちはSNSの世界に何を求めているのでしょうか?

スマホを見る女性

今では、老若男女問わず誰もがSNSをやっている時代です。

コミュニケーションツールのひとつとして楽しむ分にはいいのですが、中には「そこまで!?」というレベルで依存してしまう方もいるものです。

特に、SNS依存は女性に多く見られるものです。ここでは、SNSに依存する女性心理についてお話ししていきましょう。

どうしてSNSに依存するの?

承認欲求が高まっている

SNSというのは、承認欲求を満たすのに最適な場所です。

そのため、SNSに依存している女性というのは、承認欲求がかなり高まっている状態だと考えられるでしょう。

実際に、SNSをやったことのある方であればお分かりになるでしょうが、SNSというのは自分にとって都合のよい人だけを周りに集めることができます。

自分のことを好きになってくれる人、自分の容姿を「可愛い」「綺麗」と褒めたたえてくれる人、自分の意見をすべて肯定してくれる人、自分の意見に同意してくれる人・・・

こういったメンバーのみを自分の周りに置いていくことができるのです。

常に自分が正義で、自分が正しいと思わせてくれる場所こそがSNSなのです。

たくさんの人から認められた気分になりますし、それによって承認欲求も満たすことができるのです。

とにかく寂しい

SNSに依存する女性の中には、寂しさを抱えている方も多いものです。

とにかく寂しいからこそ、インターネット上のどこの誰とも知らない相手でもいいから構ってほしいのです。

いわゆる「構ってちゃん」状態なのです。

幸か不幸か、SNSは女性というだけで多くの人が集まってきます。

もちろん、中には下心を持った男性もいるのですが、寂しい女性というのは基本的に構ってくれれば誰でもいいのです。

寂しいときにアクセスすれば、確実に誰かが相手をしてくれる・・・

SNSは寂しい女性にとってオアシスのようなところなのです。

つながっている相手が多ければ多いほど、いつどこでアクセスしても常に誰かとつながっておくことができます。

そのため、寂しさを埋めるためのSNSに依存している女性の多くは、SNSでいかにつながりを増やしていくかということばかり考えているのです。

その一方で、関わりの少ない相手を早々に削除しようとする傾向も見られます。

常に自分が望む関わり方をしてくれる相手のみを増やしていこうとします。

女性目線での見解

スマホをチェックする女性

SNSに依存する女性は、本当に多いです。

SNSと実生活、どっちが大事なの?」と聞きたくなるようなレベルの方も少なくありません。

最近のSNSというのは、「自分がいかに充実した生活を送っているか」をアピールするためのツールになっています。

オシャレなカフェでの画像、旅行先での画像、自分がいかに充実しているかを書き連ねた文章・・・

まともな方であれば、こういったものを見て、「何が楽しいんだろう?」と思うものです。

基本的にSNSに依存する女性というのは、満たされていないのです。

極端な話ではありますが、満たされているのであればSNSを使おうという気にもならないでしょう。

SNSに依存する女性というのは、同性から見てもかなり痛々しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です