自分よりもだいぶ年上の女性を好きになってしまった、、、

好きな女性ができたけど自分よりもだいぶ年上だ、、、どうせ相手にしてくれないよな、、、

微笑む女性

最近では熟女好きを公言する有名人の方も多くなりましたが、実際に自分よりもだいぶ年上の女性を好きになる男性も多いのではないでしょうか?

ただ、年齢差があればあるほどそのアプローチに悩んでしまうことでしょう。

ここでは、自分よりもだいぶ年上の女性を好きになってしまった男性のためにそのアプローチ方法をご紹介していきたいと思います。

自分よりもだいぶ年上の女性を好きになってしまった、、、どうする?

女性の世代にハマる話題についていけるようにする

自分よりもだいぶ年上ということであれば、いわゆるジェネレーションギャップが出てくる可能性もあります。

女性というのはやはりいくつになっても年齢を気にする傾向にありますので、何気ないジェネレーションギャップを通して女性自身の年齢を痛感することにもなりかねません。

そうなってくると、やはり男性としては好ましい展開に持っていくのが難しくなってくるでしょう。

だからこそ、男性はそういったジェネレーションギャップを感じさせないように女性の世代にハマる話題についていけるように勉強をしましょう。

年上の女性が青春時代にどのようなドラマを見ていたのか、どのような音楽を聞いていたのか、どのような有名人にハマっていたのかなどをリサーチし、そのネタをしっかりと仕入れましょう。

できればネタとして仕入れるのではなく、好きな人の好きなものを自分も好きになるといった方向で勉強していくといいかもしれません。

女性は女性で年下の男性を相手にどう話題を振ればいいのか迷っていることもありますので、女性がのってくれるような話題を男性のほうから出せるとかなり印象もよくなるでしょう。

さりげなくリードをするのです。

あえて女性に甘えてみる

だいぶ年上の女性を好きになってしまうと、男性として意識してほしいからこそいいところを見せようとしてしまうのではないでしょうか?

もちろん、そういった姿勢も悪くはないのですが、年齢差がある場合、女性からするとそんな男性の姿が大人ぶろうとしている子どもに見えてしまうこともあります。

それはそれで可愛いと思ってもらえるでしょうが、異性として意識してもらうのは難しいかもしれません。

だからこそ、最初から年下という属性を男性自身が生かしていきましょう。

年下らしく女性に甘えてみると、女性の母性本能をくすぐることができます。

甘えて母性本能を刺激すると、余計に子ども扱いされるのではないかと不安に思う男性もいるでしょうが、母性本能から恋愛感情に発展するケースもめずらしくありません

完璧な男性よりもちょっとダメな男性のほうがモテるのと同じように、ちょっと頼りない年下というのが魅力になってくるのです。

「私がいないと……」と思わせることができれば、その後はかなり有利に進めていくことができるでしょう。

また、普段から甘えておくことによって、いざというときに男らしいところを見せるとギャップルールを発動させることができます。

しっかりと女性扱いする

年齢を重ねている女性であればあるほど「私なんてオバサンだし……」と思っているものです。

ただ、中にはそういう理由をつけていろいろなことを無理やり諦めているようなタイプの女性もいます。

それに、どこかで「そんなことないですよ!」と言ってもらえるのを期待している女性も少なくありません。

だからこそ、しっかりと女性扱いするのが効果的なのです。

男性にしてみれば好きな女性なのですから、自然と女性扱いするでしょう。

あまりにも仰々しい形ですると逆に恥ずかしい思いをさせてしまうかもしれませんが、相手の女性にきちんと女性として接していることが伝わるくらいにはおこなっていきたいものです。

女性目線での見解

キューピット

女性からすると、かなり年齢差のある年下男性からのアプローチというのは警戒してしまうものです。

というのも、「冷やかしなのではないか」といった思いがよぎってしまうのです。

熟女好きが増えているのは知っているものの、だからといってそれが自分の身に降りかかってくるとは思っていない女性がほとんどなのです。

そのため、年下の男性が年齢差のある年上の女性にアプローチする場合には、いかに信頼を勝ち取って、真剣であることを伝えるかがポイントになってくると思います。

冗談ではなさそうというのがわかっても、女性はどこかで「でも……」と躊躇してしまうものです。

そこをどうクリアしていくかが腕の見せ所かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です