絵文字やスタンプを使わない女性心理

女性からのメールやラインに絵文字やスタンプが使われておらず、不安になったことはありませんか?自分とのやり取りが面倒なのか?自分は嫌われているのか?色々考えてしまいますよね。

スマホを触る女性

女性とのやりとりは、メールかラインという方も多いかと思います。

女性によって、絵文字の使い方やスタンプの使い方には違いがあります。

中には、絵文字やスタンプを滅多に使わないという女性もいるかもしれません。

一般的には絵文字やスタンプを使う女性のほうが多いため、そういった女性が逆に気になってしまうということもあるかと思います。

ここでは、絵文字やスタンプを使わない女性心理についてお話ししていきましょう。

絵文字やスタンプを使わない女性心理

もともと絵文字やスタンプを使わないだけ

男性にとって、女性は無条件に絵文字やスタンプを使うものというイメージがあるかもしれません。

そのため、絵文字やスタンプを使わない女性というとそれだけで珍しく感じてしまう部分もあるでしょう。

しかしながら、女性であってももともと絵文字やスタンプを使わないというタイプもいるのです。

実際に、絵文字やスタンプを送るには複数ある絵文字から選択し、複数あるスタンプから選択し・・・

と手間がかかるものです。

この手間を面倒に感じてしまう女性もいるのです。

基本的にどのようなやりとりでも文字だけで意味が伝わればそれで十分というタイプといえるでしょう。

男性にもこういったタイプの方はいるかと思います。まさに、そういうタイプと同じなのです。

絵文字やスタンプを使うのが恥ずかしい

絵文字やスタンプにまったく興味がないというわけではないものの、絵文字やスタンプを使わないという女性もいます。

こういった場合、絵文字やスタンプを使うのが恥ずかしいといった理由で使わない方が多いようです。

「そういうキャラじゃないし」「もういい年だし」

と自分の属性を絵文字やスタンプと照らし合わせて、使わないようにしているのです。

こういった女性にとって、絵文字やスタンプというのは若くて可愛らしい子が使うものというイメージなのでしょう。

そのため、自分に似たタイプの女性や同世代の女性が絵文字やスタンプを使っているのを見ると、少しずつ使うようになるかもしれません。

男性のほうから「使ってみればいいのに~」と声をかけてあげるのもいいかもしれません。

実は嫌われている可能性も

他の男性には絵文字やスタンプを使っているのに、自分に送ってくるときだけは絵文字やスタンプ使わないという場合には、嫌われている可能性があります。

絵文字やスタンプというのはそれだけ相手とのやりとりに手間をかけているということになりますので、他の人にはかけられる手間をかけてもらえないということでもあるのです。

ただ、もし相手の女性と仕事の関係があるという場合には、仕事相手としてビジネスライクに接しているということもあります。

仕事にプライベートを持ち込まないように徹底しているからこそ、絵文字やスタンプを使わないという可能性もなくはありません。

>>女性を‘いじる’技術 ――彼女を落とす、魔法の言葉<<

女性目線での見解

スマホの画像

絵文字やスタンプに関しては、使う人は使うし、使わない人は使わないといった印象です。

ただ、絵文字やスタンプをよく使うタイプでも使い方というのはケースバイケースです。

絵文字やスタンプを送る相手によって使う種類も選びますし、普段はよく使っていても忙しいときには使わないということもあります。

気分がのっているときには絵文字やスタンプだけで会話することもありますし、気分が落ち込んでいれば絵文字やスタンプを一切使わないということもあります。

男性にしてみれば女性は絵文字やスタンプをよく使うというイメージなのかもしれませんが、絵文字やスタンプにそこまでの規則性はないと思います。

相手や場所、タイミング、そのときのテンションなどいろいろなものに左右されるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です