結婚後身だしなみに気を使わなくなる女性の心理

付き合ってるときはいつも小綺麗にしてたのに、、、結婚したら手抜き感が、、、

疲れ切っている女性

結婚後、奥さんが身だしなみに気を使わなくなったと嘆く男性は多いものです。

これは有名人でもよくある話で、結婚と同時に芸能界を引退して、想像もしなかったような普通のおばちゃんになってしまったというケースもあります。

要は、どんなに美人で華やかな女性でも結婚後に変わってしまうものなのです。

もっとも分かりやすい変化が身だしなみとも言えるのですが、では、なぜ女性は結婚後に身だしなみに気を遣わなくなってしまうのでしょうか?

ここでは、結婚後に身だしなみに気を遣わなくなる女性の心理についてご紹介していきたいと思います。

結婚後身だしなみに気を使わなくなる女性の心理

余裕がない

まず考えられるのが余裕がないというものです。

男性は、結婚することによって生活が楽になると思っている部分があります。

しかしながら、多くの場合、男性は働きに出て、家のことは女性に任せることになるのではないでしょうか?

もちろん、最近では積極的に家事を手伝う男性も増えては来ているのですが、それでも女性の負担というのはなかなかのものです。

特に、お子さんがいる場合には自分の身だしなみよりもお子さんのことを最優先に考えるものです。

家事に加えて、24時間365日休みのない子育てもおこなっていくことになりますので、余裕を持てというほうが無理な話なのです。

その結果、身だしなみに気を遣わなくなってしまうというわけです。

当たり前と言えば当たり前の変化なのです。

この場合、女性は女性で余裕があれば身だしなみもきちんとしたいと思っているものです。

そういった部分を理解した上で声をかけないと、喧嘩になってしまう可能性もあります。

そのあたりは注意しておきましょう。

そういう自分も受け入れてほしい

女性の中には、あえて身だしなみに気を遣わないことによってそういう自分も受け入れてほしいというアピールをしているケースもあります。

今は恋愛結婚がほとんどですので、結婚する前にある程度の期間は付き合っているはずです。

ただ、その間で本当の自分をさらしていないという女性もいるのです。

要は、結婚するまで隠していた部分があるのです。

男性としては「えっ」と思うかもしれませんが、冷静に考えるとこれは当たり前のことです。

結婚してからでないと分からないことなんて山ほどあります。

結婚するまで男性の前であまりだらしない姿を見せていなかった女性は、結婚後にあえて身だしなみに気を遣わないことによって「こんな私でも大丈夫なのかな?」と確かめている部分もあるのです。

相手にとってどこまでがセーフで、どこからがアウトなのかを確かめようするのは、誰にだって覚えのあることでしょう。

完全に気を許している

結婚後、身だしなみに気を遣わなくなる女性の中には完全に気を許しているタイプも少なくありません。

例えば、一人暮らしの方が我が家に帰ったときや実家に帰ったときというのは、これ以上ないほどくつろぐことでしょう。

人によってはお手洗いのときにトイレのドアを開けっ放しにするということもあるでしょうし、お風呂上りに真っ裸で部屋の中をうろつくといったこともあるでしょう。

普段、人には絶対に見せないし、見せられないでしょうが、これは完全に気を許しているからこそできることです。

つまり、結婚後、身だしなみに気を遣わなくなるのは男性に対して完全に気を許しているからなのです。

言い換えれば、完全に家族になっているということでもあります。

男性は男性で「結婚した途端にこれかよ……」と思ってしまう部分もあるかもしれませんが、女性にしてみれば結婚して本当の家族になったからこそ見せられる姿でもあるのです。

女性目線での見解

分岐点

結婚後に身だしなみに気を遣わなくなるというのは、正直なところ、女性に限ったことではないと思います。

家の中では男性も同じようなものです。

もし、女性に家事の多くを任せていて、しかも女性が子育てをしているということであれば、身だしなみに気を遣わなくなるのも当たり前です。

その状態で文句を言うのは、完全に男性が女性に対して理想を押し付けているだけです。

身だしなみに気を遣ってほしいのであれば、そうなるように男性がうまく仕向けるようにするしかないでしょう。

おそらく面と向かって言っても喧嘩になるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です