甘えるのが上手い女性と下手な女性

あなたは甘えるのが上手い女性と、甘えるのが下手な女性どちらが好きですか?

お願いごとのポーズをする女性

これまでにいろいろな女性と付き合ってきたという男性であれば、その中で甘えるのが上手い女性と甘えるのが下手な女性がいることをご存知かと思います。甘えるが上手いのも甘えるのが下手なのもどちら魅力的ではありますが、なぜ甘えるのが上手い女性と下手な女性にわかれるのでしょうか。ここでは、甘えるのが上手い女性と下手な女性についてお話ししていきましょう。

甘えるのが上手い女性と下手な女性

甘えるのが上手い女性は自分に自信がある

甘えるのが上手い女性は、基本的に自分に自信があるものです。

子どもの頃というのは甘えるというのが自然な行為ですが、大人になってくると甘えるという行為自体にも結構勇気がいるものです。

甘えるという行為は、下手すれば「痛々しい」と思われてしまう行為です。

それを上手くやってのけるというのは、それだけ自分に自信があるからこそできることなのです。

「可愛いから許される」「男はこういう風に甘えられると弱いはず」といった思っている以上に打算的な部分があるのです。

男性にしてみれば、可愛らしい女性に甘えられるとそれだけでメロメロになってしまうものでしょう。

しかしながら、上手く甘えられる女性というのはどでも誰にでも上手く甘えているものです。

自分に自信があるからこそ、不特定多数の男性に気を持たせるようなことをして、それを楽しんでいるところもあるかもしれません。

甘えるのが下手な女性は自分に自信がない

甘えるのが下手な女性というのは、基本的に自分に自信がありません。

甘えるのが上手な女性が「私は可愛いから甘えても許される」と思っているのと真逆で、「私みたいなものが甘えてもいいのだろうか・・・」と思っているのです。

「自分が甘えたら変に思われるのではないだろうか」「自分が甘えたら気持ち悪いと思われるのではないだろうか」「甘えたら引かれるかも」「迷惑かも」とあれこれと考えすぎて、本当は甘えたいのに甘えられないという女性は多いものです。

特に、サバサバしたイメージを持たれていると自覚している女性というのは甘えるのがとにかく下手です。

実際に、それまでにも甘えるよりも甘えられることのほうが多かったでしょうし、甘え方がわからないという部分もあるかもしれません。

しかしながら、こういうタイプの女性が甘え方を覚えると、男性にとってはこれ以上ないほど魅力的な女性に変身することでしょう。

女性目線での見解

丸とバツの型を持つ女性

同性から見たときに、甘えるのが上手い女性というのはそれだけで警戒してしまいます。

甘えるのが上手いというのもひとつの魅力ですし、恋愛においても仕事においても強みになるのですが、甘えるのが上手い女性というのはどこかで人を操っている快感のようなものを楽しんでいる節があります。

同性にも甘えるのが上手いということであれば、そこまで警戒することはないかもしれませんが、男性に対してだけ甘えるのが上手いとなると距離を置きたくなるものです。

また、そういう女性に対してデレデレしている男性に対しても腹立たしさを感じるものです。

「あの子は甘えるのが上手だから見習え」なんて言われた日には、千年の恋も冷めてしまうでしょう。

甘えられていることに満足している男性は、そういった甘えるのが上手な女性に操られていることがほとんどです。

周りからすればこれほど滑稽なことはありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です