女性は運命という言葉に弱い?

女性同士の会話を耳にしていると、度々、「運命」という言葉が使われていることがあります。

ハートを持つ男女

恋愛においては、「運命」という言葉がよく使われるものです。

男性は、女性が運命という言葉に弱いと思っているのではないでしょうか。

運命という言葉はロマンティックな響きを持っていますし、女性はロマンティックなものを好むものです。

では、実際に女性は運命という言葉に弱いのでしょうか?ここでは、女性が運命という言葉に弱いのかどうかについてお話ししていきましょう。

女性は運命という言葉に弱い?

女性同士での会話では確かに弱い

運命という言葉についてですが、基本的にそれが女性同士の会話で使われる場合には弱いです。

いわゆるガールズトーク的なところで、「えー、それって運命的じゃない?」「もうそれ運命じゃん!」なんて会話があれば、言われたほうの女性はその気になってしまいます。

女性同士の会話で運命という言葉を使われると、女性は弱いですし、その気にもなってしまうものです。

ある程度の年齢になってくると、そこまではしゃぐことはないかもしれませんが、若ければ若いほどこういった会話で盛り上がってしまうものです。

学生時代などを思い出せば、思い当たる記憶もあるのではないでしょうか。

同性に言われるとその気になってしまうという部分は、誰にでもあるでしょう。

男性が言う「運命」にはそうなびかない

女性同士の会話で出てくる運命という言葉には弱いのですが、その言葉を男性が言うとなるとまた事情は変わってきます。

意外に思われるかもしれませんが、男性が運命という言葉を使った場合、女性にはほとんど響きません。

男性としては決め台詞のような気持ちで運命という言葉を使っているのかもしれませんが、それで女性がなびくことはほとんどないでしょう。

もちろん、どういうタイプの男性がどういうタイミングで運命という言葉を使うのかにもよりますが、基本的に男性が運命という言葉を使うと、女性は気持ち悪いと思ってしまうものです。

気持ち悪いというところまでいかなくても引いてしまうでしょう。

ちょっとふざけた感じで言うのなら平気でしょうが、真面目なトーンで運命という言葉を使っても「何言ってるの?」と呆れられてしまうだけです。

女性目線での見解

不満そうな女性

運命という言葉についてですが、女性の中でも好き嫌いの分かれる言葉だと思います。

ロマンティックな響きが嫌いという女性もいれば、ロマンティックな響きだからこそ好きという女性もいるでしょう。

基本的にはケースバイケースですが、何でもかんでも運命と結びつけていると、「うざい」と思われてしまうかもしれませんので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です