女性は思っていることを口にしない!?

あなたは女性の言っていること全てを鵜呑みにしていませんか?でも、もしかしたらそれは本音じゃないかもしれません。

微笑む女性

男性と女性というのは、やはりまったく別の生き物です。

そのため、男性にしてみれば「何でそんなことするの?」ということも当然出てくるでしょう。

いろいろなことが挙げられるのですが、その中でも「思っていることを口にしない」という部分に疑問を感じている男性も多いのではないでしょうか。

ここでは、思っていることを口にしない女性についてお話ししていきましょう。

女性は思っていることを口にしない!?

女性はなかなか本音を言わない

女性は思っていることをなかなか口にしません。

というのも、なかなか本音を言わないのです。

言い方は悪くなってしまうのですが、表面的な言葉でのやりとりが多くなります。

例えば、女性は何に対しても「可愛い」という表現を使うものです。

その対象が明らかに可愛くないときにも「可愛い」と言い続けるものです。

こういった場面に遭遇したことのある男性は多いでしょう。

人間誰しも本音の部分というのは、結構えげつないことを考えているものです。

特に、女性というのは本音の部分では思っている以上にシビアなことを考えているものなのです。

だからこそ、簡単には本音を言えませんし、思っていることをホイホイ口に出すことはできないのです。

思ったことをそのまま口に出してしまう男性にしてみれば、こういった女性の特徴は不思議なものかもしれません。

察してほしい

女性は思っていることを口にしないものですが、実は「言わずとも察してほしい」という部分も持ち合わせています。

男性にしてみれば、「言いたいことがあるならハッキリ言えばいいのに」と思うでしょうが、これをそのまま女性に伝えると「女心がわかっていない」「乙女心を理解していない」といった反論を受けることになるでしょう。

例えば、デートもそろそろ終盤というところで男性が「じゃあそろそろ帰るか」と言ったとします。

女性は答えるでもなく、下を向いて黙っている状態です。

これはベタなシーンなので察しもつくでしょうが、「帰りたくないのを察してほしい」というサインなのです。

女性としては、「言わなくてもわかってよ」「恥ずかしいこと言わせないでよ」といったところでしょう。

あえて逆のことを言うことも

女性は思っていることとは真逆のことを言うこともあります。

本当は好きなのに「大嫌い」と言うこともありますし、本当は別れたくないのに「もう別れる」と言ってしまうこともあります。

男性がそのまま言葉通りに受け取ってしまうと、火に油を注ぐことになります。

もちろん、女性は女性で「あんなこと言うんじゃなかった・・・」と後悔するものです。

しかしながら、女性というのはこういった傾向が強いのです。

男性も売り言葉に買い言葉で思ってもいないようなことを口走ってしまうという経験はあるでしょうが、女性の場合にはそういったことが日常的に起こるものと思っておいたほうがいいでしょう。

もし女性が思いもよらない事を口走ったとき、男性は冷静に受け止めて、慌てずに対応するということが必要かもしれません。

女性の感情に合わせて言い争いをすることは避けましょう。

女性目線での見解

仮面

女性は確かに思っていることをなかなか口にしないものです。

女性同士のガールズトークであっても、なかなか本音をさらさないものです。

本音でトークをしているように見せていても、核心的な部分に関しては徹底してガードしているものです。

個人の性格にもよるところはあると思うのですが、基本的に滅多に思っていることを口にしないからこそ、余計に察してほしいという部分が出てくるのでしょう。

そして、男性は思ったことをすぐに口に出してしまうものです。

だからこそ、女性の察してほしいといった部分を理解できないのではないでしょうか。

女性は「察してほしい」、男性は「最初から思っていることを言えばいいじゃん」となってしまい、それがきっかけで関係がこじれてしまうケースも少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です