付き合っていないけどデートをする女性心理

女性をデートに誘ったらオーケーの返事をくれた!これって男性にとっては嬉しい事ですよね。

見つめる女性

付き合っていないけどデートをする女性に悩まされる男性は多いのではないでしょうか?

デートに付き合ってくれる女性の心理が気になってしまうものです。

ここでは、付き合っていないけどデートをする女性心理についてお話ししていきましょう。

付き合っていないけどデートをする女性心理

「デート」の捉え方に違いがある

女性は基本的に相手が誰であろうとふたりで出かけることをデートと認識しているものです。

男性にしてみれば女性とふたりっきりだからこそデートと思うかもしれませんが、女性にしてみれば相手が女性であろうが男性であろうがふたりで出かけるならデートなのです。

つまり、男性にとっては特別なデートであっても、女性にとっては「ただのお出かけ」という可能性があるのです。

女性は女性同士でも「デートしよー!」などと声をかけることもありますので、男性からデートに誘われても女性のほうは特に意識していないということもあるのです。

このような場合、女性は男性のことを友達としてみているので、男性からの好意を感じるようになると関係が崩れてしまうかもしれません。

様子見をしている

付き合っていないのにデートをしてくれるというのは、女性が男性を品定めしているということもあります。

つまり、自分の基準をもとに「様子見をしたい」という女性心理が働いているのです。

女性は男性が思っている以上に現実的でシビアです。

相手が気になる男性だからといってホイホイ付き合うのではなく「付き合っても大丈夫なのか?」と品定めをしているのです。

様子見のデートで今後どうするのかを考えるという部分もあるでしょう。

の様にお付き合いに至る前の女性をデートに誘う場合、男性はかなりの気合いを入れてデートに臨まなければいけません。

デートの最中には減点方式で採点されていくことになるでしょう。

デートするメリットに期待している

女性にとって男性とのデートというのはメリットがあります。

だいたい男性が食事代は出すでしょうし、場合によっては送り迎えもしてくれることでしょう。

もちろん、個人差はあるものの女性にとってデートというのは、自分の負担なく遊びに行けるチャンスでもあるのです。

付き合っていない男性とデートするという女性は、こういったデートにおけるメリットを期待しているのです。

打算的ではありますが、実際にデートとなると負担は男性のほうが多いものです。

一般的なデートというものを想定している女性であれば、こういった部分を期待してしまうのは仕方ないのかもしれません。

何も予定がない

せっかくの休日なのに何も予定が入っていない、、、

そんな時、男性からの誘いがあればデートに行く可能性もあります。

これは、とくべつ嫌悪感を抱いている男性からの誘いでもなければ断る理由もありません。(なかには好意のある男性としかデートにいかないという女性もいます。)

デートに誘った男性からしてみれば彼氏気分になってしまうかもしれませんが、それはちょっと早とちりです。

しかしながら、デートに応じてくれた時点で嫌われているということはないので、ゆっくり距離を縮めていけば彼氏彼女の関係になれるかもしれません。

女性目線での見解

イチゴのケーキ

付き合っていないのに頻繁に男性とデートをる女性というのは、同性から見てもあまり気分のいいものではありません。

でも、それと同時に「わかる」という感覚もあます。

というのも、女性は男性にエスコートされたいという気持ちもありますし、ご飯くらいおごってもらいたいという気持ちを抱くものなのです。

もちろん、全ての男性が満足いくようにエスコートしてくれるわけではないのですが、一般的に想定されるデートであれば女性にとってはいろいろと都合がいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です